キラキラ子育て幸福論

ちょっぴりお得でたくさん幸せ。愛する家族と人生を100%楽しむことを考えてみた。

子連れでお出かけ 日記

【北海道グリーンランド】歳の離れた兄弟を連れて遊園地を満喫!授乳室や小さい子向けコーナーを紹介します。

更新日:

子どもは遊園地が好きですよね。
北海道の遊園地といえばルスツ高原か北海道グリーンランドが有名です。
子どもが大きければいいのですが、兄弟でお出かけする場合で下の子が小さいと、気になるのは遊べる遊具の対象年齢や休憩スポット、授乳室やオムツ替えコーナーについてではないでしょうか。
わが家は6歳と0歳の兄弟なので、授乳室があることがお出かけの必須条件なのです。

今回は北海道グリーンランドへ6歳離れた兄弟を連れて行ってきた感想をお届けします。

Sponsored Link

小さい子から大人まで楽しめる遊園地!
北海道グリーンランド特集


先日、北海道グリーンランドに生後5ヶ月の赤ちゃんと6歳の娘を連れて家族で遊んできました。

フェス好きの私、JOIN ALIVEの1日目にイベントには参加せず雰囲気だけを楽しみに岩見沢まで行ってきたのです。

今年は私の好きなアーティストがあまりいないし、まだ息子が5ヶ月ということもありJOIN ALIVEへ行くのは辞めたのです。
でも毎年この日だけ遊園地へ行っていたので今年も遊園地だけには行こうということで、この日をめがけて遊びに行きました。

余談ですが、去年参加した際に撮影してもらった長女の写真が今年のフライヤーに使用されていたので、今年も参戦していたら「載ってるんです!!!」って言いふらしまくろうと思ってたんですが念願叶わずでした。


今年もすごい人の数でした〜

今回は遊園地で遊びつくす目的で来たのですが雰囲気だけは味わえました。
ありがとう、JOIN ALIVE。そして来年はもう少しブッキングの幅が広がるといいなと願っています、、、

さて、北海道グリーンランドですが、私は三井グリーンランドのイメージが強いですね。
2007年に北海道グリーンランドに改名したようです。私の記憶は子どもの頃のCMの影響だと思われます、、、
今でもその音楽とワードが頭に残っています。知っている人は同年代確定ですね。

北海道の遊園地といえば、ここ北海道グリーンランドかルスツリゾートですね。
ルスツリゾートと比較すると遊具の数は少ないですが、それでも1日遊ぶとクタクタになるほど広いです。

6歳の娘は年々遊べる遊具が増えていくので、去年は乗らなかった遊具でも遊べたり私も楽しめましたー。
個人的に一番楽しかったものは飛行機のような乗り物で、レバーを動かすとその飛行機が上がったり下がったりするものです(名前を見てくるの忘れてしまいました、、、)。
前の人と同じ高さになったときにレバーについているボタンを押すと、前の飛行機が下がる仕組みになっているのです。アナウンスのおじさんが「ボタンを押すと前の人が落ちます」って説明してて娘とやってみたら、本当に前の飛行機が底辺まで落ちていきましたw

娘が一番楽しかったのはこれ↓です。

ぐるり森大冒険というアトラクションですね。
アトラクションといっても乗り物ではなく、迷路の中にクイズが隠されておりそれをスタンプラリーのように渡された用紙に押していき、全問正解だと金のコインが貰えてそのコインを使用してカードゲームが出来るというものです。
去年できた新しいアトラクションです。
子どもというのは何か集めたりするのが好きなのか、それとも単にゲームがしたいのか、そのどちらもなのか、このアトラクションは常に子どもが殺到していました。
我が子も10回以上やっていますね。私の足が棒のようになったのも、このぐるり森を何十回も歩いたからかもしれません。

娘は私と一緒じゃないと嫌だと言うので一緒に入っていましたが、何度も一人で挑戦しまくっている子がたくさんいました。ぐるり森のすぐ目の前にパラソル付きのイスとテーブルがあるので一人で遊べるようになるとゆっくり待てていいのになーなんて思ってしまいましたが、、

他にも巨大迷路や北海道最大の観覧車、ゴーカートなどなど小さい子でも乗れる遊具の8割くらいは制覇したかなと思います。

ほとんど並ぶこともなく、遊具はどれも空いていました。
これはJOIN ALIVEがあり一般来場者が減っているからなのでしょうか。それともいつきてもこんなに空いているものなのでしょうか??
ネットで調べた情報ですが、週末だと30分〜1時間並ぶ遊具もあるとか!?
そんなに込むのか!!
キャラクターのイベントショーの時なんかはもっとすごそうですね。

もし週末しか休みがないってゆう方は、あえて子どもとは関係のないイベント開催時に行くと会場自体は混雑しているけど遊具は乗り放題なんて日もあるかもしれませんね。
例年行っているので分かりますが、JOIN ALIVE2日目の日曜日も遊具が異常に込んでいるところはほぼないです。

これを踏まえると、我が家はこれからもイベントの参加の有無に関わらず7月3連休の土日のどちらかに遊園地に行くことになりそうです。

今回は6歳の娘と0歳の息子と出かけたので娘の思うままに遊べましたが、来年は歩けるようになった息子も遊びたがるから大変なんだろうな、、

ちなみに、授乳室は入り口からわりと離れた丘の上に1カ所だけあります。
一つの小さめの建物が全てベビーコーナーになっていて、授乳スペースには男性が入れないようになっていてイスが2つ置いてあります。
その外には、オムツ替えができるベッドが3つありました。室内にはイスがあり、授乳を待っているお父さんが座ったりできます。子どもが遊べる小さなスペースもありましたが、あまり綺麗ではありませんでした。

園内のトイレでオムツ替え用の台が付いている所は1カ所しか見つけられなかったので、小さなお子さんがいる方は少し大変かもしれませんね。
園内すべてにとは言わなくても、もう少しオムツ替えベッドの設置や、トイレを和式から洋式にするなど子どもに配慮した作りにしてくれるといいのになと思います。

北海道グリーンランドに行こうと考えている方の参考になれば嬉しいです。

Sponsored Link



  • この記事を書いた人

早坂 マーガレット

音楽大好きクラブ好きすぎて自分でイベント始める音中毒者で子連れ旅行マスター。 子持ち音楽ファンと旅行好きに捧げる子連れ情報満載ブログです。 子連れ海外生活→帰国して転職→再婚など波乱万丈に生きてます。 お母さんが幸せになれる子育て、看護師からの育児アドバイス、子連れで楽しむ音楽・旅行、グルメ情報など書いてます。 あと猫好き。

おすすめ記事一覧

1

北海道にはJOIN ALIVEとRISING SUN ROCK FESTIVALという大きいな夏フェスがあります。 子どもが産まれてライブに行けなくなってしまったお母さん、フェスなら子どもと一緒に楽し ...

2

子どもを産む場所やスタイルを自分で決める、そんな自分らしい出産が主流の時代がやってきました。 自宅出産はその最たるものです。 落ち着く自宅で、愛する家族に見守られながら命の誕生を迎えるという素晴らしい ...

3

ガイドブックよりコアな味別ラーメンランキング発表!! 突然ですが、みなさんの好きなラーメン店はどこですか? もしくは、札幌といえばどこのラーメンが好きですか?? 「札幌は味噌でしょ〜」という北海道在住 ...

4

ワーキングホリデーは子どもを連れて行くことを禁止している場合がほとんどです。 私は、ある方法で子連れでニュージーランドのワーホリに行くことに成功しました。 入国審査でも許可が降りたので、違法な入国では ...

-子連れでお出かけ, 日記

Copyright© キラキラ子育て幸福論 , 2018 All Rights Reserved.