キラキラ子育て幸福論

ちょっぴりお得でたくさん幸せ。愛する家族と人生を100%楽しむことを考えてみた。

ママの知恵袋 日記

夏休みの工作にもいいかも!子どもと作って遊べるどうぶつしょうぎ!!こ

更新日:

こんばんは。

祝日の月曜日でしたね。
今回の連休は遊園地に行ったりお出かけが続いたので、今日はお家でゆっくりすごしました。

何をして過ごしたかというと、工作や頭脳ゲームをして1日中ずっと遊んでいました。
なかなか一人で遊べない長女ですが、おままごとや人形遊びに1日中付き合うのは大変なので大人も楽しめる遊びをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

まず、先日本屋さんで『どうぶつしょうぎ』というのを見つけました。
子ども向けの分かりやすい将棋なのですが、サイズが2種類あります。

小さいサイズのものは、駒1人4個、マスは3×4です。

もう一つは『ごろごろどうぶつしょうぎ』というもので、
駒8個、マスは5×6と少し難しくなるようです。

娘の行っている児童館にはごろごろどうぶつしょうぎがあるそうです。
ちなみに値段は、近所の本屋さんでどうぶつしょうぎが2000円、ごろごろどうぶつしょうぎは4000円でした。
(Amazonで検索したら新品が1万円以上しました、、、何故でしょう。プレミア価格??)
子どもが欲しいと言っていましたが、今日は辞めておこうね〜と軽く流して帰宅。
でも、頭を使う遊びだし、最近UNOやトランプにハマっている娘には買ってもいいかななんて思っていました。

しかーし、よく考えたら駒4つ×2人分、ボードもマス3×4とかなら簡単に作れるのではということで娘に提案。
作ってみたらの問いに、「作りたーい!!」と即答でした。

どうぶつしょうぎについて調べてみると、2008年に主に将棋が普及していない世代への将棋普及の為に、女流棋士の北尾まどかさんがルールを考案し、同じく女流棋士の藤田麻衣子さんがデザインして作られたそうです。

デザインまで女流棋士でやっているとはすごいですね。多彩だなという印象を受けました。
藤田麻衣子さんの祖父は陶芸家なので、芸術センスがある家系や育ちなのでしょうかね?
デザインやアートのセンスがない私にはとてもうらやましいです、、、

さて、そんな私ですが子どもと一緒に早速作ってみました。
本物が知りたければ各自でググってもらうこととしてw
私たちの作品はこちらです。

我が家風にアレンジして、飼い猫と長女、長男をイラストにしてみました。
長女の顔はママが可愛く描いてと言われたので私が描いていますが、他は長女作です。

段ボールに色画用紙を貼って、あとは絵を描くだけです。
なんて簡単なんでしょう。
でもこれだけでも娘が一から作るとなると1時間はかかります。
休日の時間稼ぎにうってつけですよね。

そして、実際に遊んでみると奥が深くてとても楽しかったです。
私自身も、将棋はしたことがありませんし、なんならルールも知りません。
将棋にこれっぽっちも興味がなければ今後の人生で将棋をやろうとも全く思わないタイプの人間でした。
そんな私が、楽しくて将棋もやってみたいと思うほどです!!!

長女もかなり夢中になって遊んでいました。
今日だけで20回以上やっている気がします。
凡ミスで私が負けることもありますが、やはり6歳の長女と真剣勝負をすると勝ってしまいますよね。
かなり悔しそうにしていましたが、それでも何度もやりたがるので長女の性格からするとすごく好きな遊びになったのだと思います。

ルールは上の写真のように配置するところがスタートで、青い印のついた方向にだけ駒を1マス進めることができます。そして、ライオン(我が家では長男王子様)を取るか、相手側の1列目の陣地にライオンが入ると勝ちとなります。
茶色い猫(どうぶつしょうぎではひよこ)は、相手陣地の1列目に入るとひっくり返すことができて、進む方向が増えます。

シンプルですが以外と難しく、子ども相手に毎回本気でやっていました。

大きいサイズだと作るのに時間がかかりそうですが、これから夏休みで子どもの退屈しのぎの一つにいかがでしょうか?
低学年なら夏休みの工作にもいいかもしれませんね。

すぐに成長して親と遊ぶなんて人生でみたら一瞬のようなこの幸せなひととき、、

とはいっても毎日子どもに付き合うのは大変ですから、お互いに楽しめる遊びができれば嬉しいですよね。

将棋に興味がない方でも楽しめるのでオススメです。

作るのが面倒って方はこちらから買えます!

 

暑い夏におうちで家族や友達とボードゲームなんてのも楽しいかもしれませんよ。

ではでは、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link



  • この記事を書いた人

早坂 マーガレット

音楽大好きクラブ好きすぎて自分でイベント始める音中毒者で子連れ旅行マスター。 子持ち音楽ファンと旅行好きに捧げる子連れ情報満載ブログです。 子連れ海外生活→帰国して転職→再婚など波乱万丈に生きてます。 お母さんが幸せになれる子育て、看護師からの育児アドバイス、子連れで楽しむ音楽・旅行、グルメ情報など書いてます。 あと猫好き。

おすすめ記事一覧

1

北海道にはJOIN ALIVEとRISING SUN ROCK FESTIVALという大きいな夏フェスがあります。 子どもが産まれてライブに行けなくなってしまったお母さん、フェスなら子どもと一緒に楽し ...

2

子どもを産む場所やスタイルを自分で決める、そんな自分らしい出産が主流の時代がやってきました。 自宅出産はその最たるものです。 落ち着く自宅で、愛する家族に見守られながら命の誕生を迎えるという素晴らしい ...

3

ガイドブックよりコアな味別ラーメンランキング発表!! 突然ですが、みなさんの好きなラーメン店はどこですか? もしくは、札幌といえばどこのラーメンが好きですか?? 「札幌は味噌でしょ〜」という北海道在住 ...

4

ワーキングホリデーは子どもを連れて行くことを禁止している場合がほとんどです。 私は、ある方法で子連れでニュージーランドのワーホリに行くことに成功しました。 入国審査でも許可が降りたので、違法な入国では ...

-ママの知恵袋, 日記

Copyright© キラキラ子育て幸福論 , 2018 All Rights Reserved.