キラキラ子育て幸福論

ちょっぴりお得でたくさん幸せ。愛する家族と人生を100%楽しむことを考えてみた。

子連れでお出かけ

キッズスペースや授乳室まである!TSUTAYA美しが丘店が子連れにおすすめな理由

更新日:

こんにちは。

今日は雨の日でも無料で遊べるスポットを紹介します。

TSUTAYA 美しが丘店

Sponsored Link

ご存じない方は、TSUTAYAってレンタルCD、DVDショップで本屋さんも併設されてるところくらいの認識かもしれませんが美しが丘店はすごいんですよ。カフェがあってコーヒーを飲みながら本を読める店舗もありますが、小さな子どもがいる方は、子連れだとゆっくりもできないし興味ないという方が多いでしょう。
実は、私もTSUTAYAなんてレンタル以外では、わざわざ子どもと行ってものんびり本を選べる訳でもないし、そこらへんの本屋さんでいいやーなんて考えていました。

しかし、TSUTAYA美しが丘店は全く違いました。この店舗は30〜40歳の女性をメインターゲットにして作られたようで、子連れでも十分にゆっくり、のんびり出来るうえに、子どもも楽しめるような作りになっているんです!

現在の我が家には1歳に満たない赤ちゃんがいるので、お出かけ時の重要なチェックポイントは授乳スペースとオムツ替えコーナーです。
デパートや子ども向け施設にはしっかりとした設備がありますが、本屋さん単独の場合は授乳室があるところはこれまで知りませんでした。

そうです、こちらのTSUTAYAには授乳室があるのです!!

ゆっくり本を見たくても、カフェスペースでのんびりしたくてもこれがないと滞在時間が限られてしまうのです。

授乳室内にはミルク用のお湯の設備やオムツ替えシート、オムツを捨てるゴミ箱も設置されていました。
新しいのもありますし、掃除も行き届いていてとても綺麗で使いやすかったです。
ちなみに男性は入れないので、お父さん一人でオムツ替えが必要な子どもを連れて行くと困るかもしれません。
男性のトイレにもオムツ替えシートがあればいいのですが、、、

キッズスペースはこんな感じです。

最近ずりばいを覚えた我が子は夢中でずりずりと動いていました。

6歳のお姉ちゃんには少し物足りないかな?

遊んだり、本を見に行ったりとキッズコーナーを忙しそうに動き回っていました。

6歳の長女はキッズコーナーよりもキッズカフェに興味津々でした。

子どもにぴったりな可愛らしいイスとテーブル、壁は黒板風になっていておしゃれな感じです。

店内には森彦が入っているし、他にも円山ジェラート、パン屋さんもあるので好きな所で購入した物をここで食べることができました。
娘はアイスを、私と旦那はCafe MORIHICO.でオーガニックコーラとキウイのドリンクを購入し、店内にあった見本のどうぶつしょうぎをしながらのんびりしてきました。

キッズカフェは2席しかないので込み合っていますが、他にCafe MORIHICO.のカフェ席は80席ほどあるようです。
また、キッズコーナーには、子どもを見守りながら本を読んだりコーヒーなどが飲める席があるので、そちらも利用できます。

私たちが行った日は展示スペースでハンドメイド商品が多数販売されており賑わっていました。
こちらのスペースは「サムシングスペース」というらしく、色々な企画がされているようです。

可愛かったので、こちらを購入。

息子用にスタイとはがためのおもちゃ、おしゃれ好きな娘はねこちゃんのイヤリングを選んでいました。

半日程滞在しましたが、子どもたちも飽きることなく過ごせたし、私も美味しい飲み物や本・雑貨なんかをみてリフレッシュできました。

感想としては、キッズコーナーは小学校入学前の幼児向けという印象ですが、座って読書できる場所もあるのでそれ以降の年齢でもそれなりに楽しめると思います。

これからの夏休みなどのお出かけに困ったら、行ってみるといいかもしれませんね。

他にも子連れでお出かけスポットなどを紹介しているので、よければ過去記事も読んでみてください♪

Sponsored Link



  • この記事を書いた人

早坂 マーガレット

音楽大好きクラブ好きすぎて自分でイベント始める音中毒者で子連れ旅行マスター。 子持ち音楽ファンと旅行好きに捧げる子連れ情報満載ブログです。 子連れ海外生活→帰国して転職→再婚など波乱万丈に生きてます。 お母さんが幸せになれる子育て、看護師からの育児アドバイス、子連れで楽しむ音楽・旅行、グルメ情報など書いてます。 あと猫好き。

おすすめ記事一覧

1

北海道にはJOIN ALIVEとRISING SUN ROCK FESTIVALという大きいな夏フェスがあります。 子どもが産まれてライブに行けなくなってしまったお母さん、フェスなら子どもと一緒に楽し ...

2

子どもを産む場所やスタイルを自分で決める、そんな自分らしい出産が主流の時代がやってきました。 自宅出産はその最たるものです。 落ち着く自宅で、愛する家族に見守られながら命の誕生を迎えるという素晴らしい ...

3

ガイドブックよりコアな味別ラーメンランキング発表!! 突然ですが、みなさんの好きなラーメン店はどこですか? もしくは、札幌といえばどこのラーメンが好きですか?? 「札幌は味噌でしょ〜」という北海道在住 ...

4

ワーキングホリデーは子どもを連れて行くことを禁止している場合がほとんどです。 私は、ある方法で子連れでニュージーランドのワーホリに行くことに成功しました。 入国審査でも許可が降りたので、違法な入国では ...

-子連れでお出かけ

Copyright© キラキラ子育て幸福論 , 2018 All Rights Reserved.