キラキラ子育て幸福論

ちょっぴりお得でたくさん幸せ。愛する家族と人生を100%楽しむことを考えてみた。

ママの知恵袋

ドイツ発のノンアルコールビール・ヴェリタスブロイが美味しい理由。日本では真似できない製法とは。

更新日:

みなさんはビールは好きですか?

私は大好きです。
とにかくお酒が好きなんです。
こんな主婦ブロガーですが、10年程前はクラブでテキーラ売ったりしてたんです…
とにかく、なんといってもまずはビールですよね。

しかーし、妊娠・授乳中はお酒飲めないんですよね。
私は母乳育児でミルクは使用していないし、息子の授乳は息子がやめるという日まで続けたいと思っています。
なのであと何年お酒を飲めない日が続くのやら…
長女はなんと3歳まで母乳を飲んでいたので(食事の他にたしなむ程度w)もしかしたら、この禁酒状態があと2年以上続くかもしれないんですよね〜

そんな私が今一番飲んでいるものがヴェリタスブロイというノンアルコールビールです。

Sponsored Link

ドイツ発のノンアルコールビール・ヴェリタスブロイ


ビールといえばドイツですが、ヴェリタスブロイはその本場ドイツで作られているノンアルコールビールなのです。
ノンアルコールと謳っていても、ほんのわずかにアルコールが入っているものもありますが、こちらの商品は正真正銘のアルコール度数0.0%です。
なにがすごいってまずは、美味しいんです。
これはビールと同じで好みの問題もありますが、私は他のどのノンアルコールビールよりも美味しいと感じます。
ビールに近いというか、苦みとか喉越しがいい感じなんですよ。
最近は暑いので子どもの散歩から帰ってきてまずぷしゅっとやっちゃいます。
ジュースみたいに砂糖も入っていないのでカロリーも気にせずぐびぐびといけちゃう訳です。
ダイエットにもいいなんて素晴らしいですよね。
ちなみに国産のノンアルコールビールは水あめぶどう糖果糖液糖とか糖分が入っているものが多いですからね。

成分は麦芽とホップのみ

私はビールを飲むときも成分にはこだわっていて麦芽とホップのみのものを選んでいます。
普段はサッポロクラシックを愛飲しています。
北海道限定ですが、秋に発売される富良野ビンテージが一番好きです。

話が逸れましたが、なんとヴェリタスブロイも成分は麦芽とホップのみなんです。
ビールと同じ!!
これだけでなんとなくビールに近いのかもという感じがしますよね。
ちなみに国産のノンアルコールビールには麦芽とホップだけからできているものはありません。
唯一無二の存在という感じですかね。さすが本場ドイツです。
添加物なしなのでお母さんにも赤ちゃんにも優しい飲み物かなと思います。

日本ではできない方法で製造されている!?

日本には酒税法という法律があるのをご存知ですか?
その法律のせいで日本のノンアルコールは美味しくないんです。
え?
酒税法ってお酒の法律なのにノンアルコールビールに関係ないじゃんと思いますよね。
それがどうゆう訳か、この法律では完成されたお酒からアルコールを抜くという方法が禁止されているんです。
勘の良い方はこれでお分かりだと思いますが、ドイツのノンアルコールビールは麦芽とホップから作られたビールからアルコールを抜くという製法で作られているのです。
これが美味しさの秘密なのかなと思います。

日本のノンアルコールビールはお酒に必要な発酵という過程を経ていません。
アルコールを抜いて作ることができないので、麦芽エキスや麦汁を使用してビールに味が近くなるように合成調味料や添加物をたっぷりとしようして作られているんですよね。
これでは本場ドイツの美味しいビールからアルコールを抜いた製品に太刀打ちできないですよね。

おわりに

ノンアルコール飲料は様々な場面で需要があると思いますが、妊娠・授乳中でお酒の代わりにと飲んでいる方も少なくないですよね。
喉越し爽やか〜なノンアルコールビール【ヴェリタスブロイ】なら罪悪感なしでぐびぐび飲めちゃいます。

ちなみに北海道ではカルディや一部の生協でも購入できます。
近くに売っていないという方はこちらからも購入できます。

味が美味しいに超したことはないので、日本もドイツのような製法でノンアルコール飲料が作れるようになって欲しいものですね。

Sponsored Link



  • この記事を書いた人

早坂 マーガレット

音楽大好きクラブ好きすぎて自分でイベント始める音中毒者で子連れ旅行マスター。 子持ち音楽ファンと旅行好きに捧げる子連れ情報満載ブログです。 子連れ海外生活→帰国して転職→再婚など波乱万丈に生きてます。 お母さんが幸せになれる子育て、看護師からの育児アドバイス、子連れで楽しむ音楽・旅行、グルメ情報など書いてます。 あと猫好き。

おすすめ記事一覧

1

北海道にはJOIN ALIVEとRISING SUN ROCK FESTIVALという大きいな夏フェスがあります。 子どもが産まれてライブに行けなくなってしまったお母さん、フェスなら子どもと一緒に楽し ...

2

子どもを産む場所やスタイルを自分で決める、そんな自分らしい出産が主流の時代がやってきました。 自宅出産はその最たるものです。 落ち着く自宅で、愛する家族に見守られながら命の誕生を迎えるという素晴らしい ...

3

ガイドブックよりコアな味別ラーメンランキング発表!! 突然ですが、みなさんの好きなラーメン店はどこですか? もしくは、札幌といえばどこのラーメンが好きですか?? 「札幌は味噌でしょ〜」という北海道在住 ...

4

ワーキングホリデーは子どもを連れて行くことを禁止している場合がほとんどです。 私は、ある方法で子連れでニュージーランドのワーホリに行くことに成功しました。 入国審査でも許可が降りたので、違法な入国では ...

-ママの知恵袋

Copyright© キラキラ子育て幸福論 , 2018 All Rights Reserved.